title-about-adbアジア開発銀行とは

ロゴ・テーマ

20160505-2-2

第50回年次総会のロゴ及びテーマは、2016年5月5日、ドイツ・フランクフルトで開催された第49回年次総会において発表されたものです。

ロゴ

横浜の街並みをシンプルな図形で表し、日本の伝統的な家紋の形である、丸紋を連想させるレイアウトにより日本的な印象を与え、横浜らしさと日本らしさを融合させました。

横浜の上に浮き出る雲がつながる様は、手と手を携えることを表し、これからのアジアの未来を「ともにひらく」ことを意味しています。

また、この雲は日本古来より絵巻物等に描かれている「すやり霞(がすみ)」をイメージしています。

背景モチーフ「濱海波紋(はまかいはもん)2017」

背景のデザインモチーフには、横浜の海を彷彿とさせるドットの青海波紋の中に、横浜の象徴的なアイコンを散りばめました。

青海波は、「幸せな暮らしがいつまでも続くように」という願いもこめられた、縁起の良い文様で、これにちなみ「濱海波紋2017」と名付けました。また、青海波は無限に広がる吉祥の象徴とも言われ、人々に親しまれています。色調は日本の伝統色や、横浜の海を感じられる色を意識しています。

テーマ

Building Together the Prosperity of Asia
(ともにひらく、アジアの未来)

アジア開発銀行(ADB)がアジア太平洋地域の発展に貢献してきた「50年」という歴史、さらなる発展に向けてADBが果たすべき役割への期待が込められています。

横浜市の取組のコンセプトにも通じるテーマとなっています。

▲トップ